トップページ > アート部門 > 宮田 恵理子

アート部門 現役奨学生

第47回生
宮田 恵理子Master Fine Art
Miyata Eriko

スイス チューリッヒ芸術大学

【略歴】
1993年千葉県生まれ 2009年日本大学付属習志野高等学校 2012年東京藝術大学美術学部先端芸術表現学科 2015年ワイマールバウハウス大学 Peter Heckwolf 2018年チューリッヒ芸術大学 Master Fine Art

【賞歴】
2016年summary  ワイマール ドイツ 2017年東京藝術大学卒業展 東京 2018年インドで行われるプログラムにセレクションされ、大学のグラントを受けて参加 October School India インド
Manifesta 12 Palermoにてパブリックプログラムへの参加 パレルモ イタリア

【自己紹介】

イコノロギーに基づき、異なる地域、時間、歴史を横断していくような表現をテーマに作品制作を行っており、フィールドワークを前提としたリサーチベースの制作がプロセスとして重要視している。山岳地域と島国の文化とかたちに着目して異なる物語を読み解いていきたいと考えており、将来はイコノロギーの発生プロセスをAby WarburgのArchiveから導きだすと共に、Visual Anthropologyの領域にも踏み込んで行きたいと考えている。

The marriage of the eldest daughter

mira

awarekana