卒業生一覧 スポーツ部門|sports

  • 40回生

    佐々木 万璃子

    クラシックバレエ
    英国ロイヤルバレエスクール卒業
    英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団

    sports

    40回生
    佐々木 万璃子(クラシックバレエ)英国ロイヤルバレエスクール卒業

    私は、英国ロイヤルバレエスクールを卒業し、プロのダンサーとして海外のバレエ団で踊っています。現在バーミンガムロイヤルバレエ団で踊っていますが、この度、英国ロイヤルバレエ団のフルコントラクトをいただくことができ、8月からは英国ロイヤルバレエ団で踊ることになりました。
    英国ロイヤルバレエ団は、世界三大バレエ団のひとつです。その最高峰のバレエ団で踊れることを、私は大変嬉しく思っています。
    ローザンヌ国際バレエコンクールで開けた世界への扉の先を、さらに照らしてくださった江副記念財団に心から感謝し、私は夢のプリンシパルを目指して、自分の道を歩み続けます。

  • 40回生

    羽生 結弦

    フィギュアスケート
    早稲田大学
    ANA所属

  • 41回生

    小林 潤志郎

    スキージャンプ
    東海大学卒業
    雪印メグミルク株式会社

    sports

    41回生
    小林 潤志郎(スキージャンプ)東海大学卒業

    2014年4月に雪印メグミルク株式会社に入社し、スキー部員としてジャンプ競技を続けることができ、凄く環境の良い充実したトレーニングを続けております。
    長野オリンピックで金メダルを獲得し、世界で活躍してきた原田雅彦監督と岡部孝信コーチの下、選手ではソチオリンピックメダリストの伊東大貴選手や清水礼留飛選手などがチームメイトとなり、各選手しっかりとした目標を持ち、切磋琢磨できる環境です。
    しかしながら、この素晴らしい環境に満足することなく、自らも泥臭くトレーニングをし、しっかりした目標を持って日々の生活やトレーニングをしていきたいと思っております。
    4年後の2018年には韓国でピョンチャンオリンピックが開催されます。日本代表に選ばれるように活動して行きたいと思っておりますので、ご声援宜しくお願いします。

  • 43回生

    佐藤 優菜

    トランポリン
    早稲田大学

    sports

    43回生
    佐藤 優菜(トランポリン)早稲田大学

    わたしは4歳の時にトランポリンを始めました。 始めたばかりの頃は、周りの子と比べて身体が小さく、高さも低かったため、ロボットのようなカチコチな演技でしたが、今では日本の女子選手の中では比較的身長が高こと生かした、演技中の綺麗な身体の線が自分の一番の長所であると思っています。
    日本の女子選手は、演技点も難度点も高さも全ての項目でまだまだ世界に追いついていないのが現状です。
    わたしは今、昨年末からの腰の怪我があり苦しい時期ではありますが、早く治して練習を重ね、自分の長所である「線の美しい演技」を更に極めていきたいです。 これからもトランポリンの魅力であるより高く、より美しい演技を追求し、世界のトップを目指して頑張りますので応援よろしくお願いします。

  • 43回生

    野上 竜太

    自転車
    鹿屋体育大学

    sports

    43回生
    野上 竜太(自転車)鹿屋体育大学

    43回生の野上竜太です。私は江副記念財団様に1年間大変お世話になり、活動、生活共に充実した1年にさせていただきました。自転車競技という国内ではマイナーであまり人気のないスポーツですが、世界を見るととても熱狂的なファンを獲得しているスポーツだと再認識するとともに、世界との差の現状を知りさらに飛躍を目指す気持ちも固まりました!それに、財団様には様々な分野、スポーツの方々がおられ、それぞれの活動を知り、触れることもなかなか無い経験でしたのでとても刺激になりました。それぞれの方々が様々な場所での御活躍をする事、そしてその方々と同じ立場で競技を頑張れた事はこれからも心の中で喜びと負けられないという気持ちを引き出してくれると思います!

    これからの抱負ですが、やはり自転車競技は国内ではあまりメジャーな競技とは言えません。なのでこれからも国内でのメジャー化を主な目的として、自転車競技日本人初のオリンピック金メダルの獲得を目指しこれからも競技を頑張っていきます!本当にお世話になりました!

  • 43回生

    長谷川 智彦

    ライフル射撃
    立命館大学

    sports

    43回生
    長谷川 智彦(ライフル射撃)立命館大学

    私は去年、ナショナルチームへ入ることができ、今年はワールドカップやアジア選手権などが控えています。そこではオリンピックの出場枠が配られるので、上位入賞し出場枠が獲得できるように日頃からの練習によりいっそう力を入れて努力していきたいです。また試合の中では、最後の一発まで絶対に諦めない、集中力を切らさないということを忘れず、気持ちだけではどんなトップの選手にも負けないという心持ちで試合に臨みたいです。射撃とは選手として活躍できる期間がとても長い競技です。自分の努力しつくした結果が残念なものだったとしても、東京オリンピックを終えたその後も射撃を続け、常に上を目指し続けていきたいです。そして選手としても、人としても目標と出来るような選手を目標に頑張っていきたいです。

  • 43回生

    小池 美朝

    アーチェリー
    大分高等学校

    sports

    43回生
    小池 美朝(アーチェリー)大分高等学校

    私が誰にも負けない・負けたくないと思っていることは、「自分自身に負けない」ということです。誰にでもスランプや逆境や壁はあると思いますが、その時に 諦めそうになる弱い自分や弱い心に負けずに、自分を磨き続けて一歩一歩前進していきたいからです。私のこれからの抱負は、「時間の使い方を効率良くする事」と「目の前にある課題に取り組むこと」です。無駄な時間が多い事、スピーディーにこなせないため、1日の課題が終わらない事も度々あります。
    少しずつでも無駄な時間を無くしてトレーニングやアーチェリーの練習の時間にあてられるようにしていきたいです。そして、去年からフォーム改造をしていますが、まだオリンピック選手と比べてフォームの面でも点数でも差は大きいので、課題を一つ一つ直していき、点数につなげていきたいと思います。

  • 44回生

    河田 悠希

    アーチェリー
    日本体育大学

  • 44回生

    中野 幹士

    ボクシング
    東京農業大学

  • 44回生

    村上 英士朗

    ウエイトリフティング
    日本大学

  • 44回生

    村田 昴

    ボクシング
    日本大学

  • 45回生

    東 晟良

    フェンシング
    和歌山県立和歌山北高等学校

  • 45回生

    今村 駿介

    自転車
    中央大学

  • 45回生

    大黒田 裕芽

    ラグビー
    立正大学

  • 45回生

    知念 光亮

    ウエイトリフティング
    沖縄国際大学

  • 45回生

    永野 雄大

    フェンシング
    私立帝京高等学校

  • 45回生

    福田 健太郎

    ホッケー
    天理大学

  • 45回生

    森坂 嵐

    ボクシング
    東京農業大学

  • 45回生

    山﨑 晃嗣

    ホッケー
    山梨学院大学

【スポーツ部門】

25回生

杉山 公信

スキー

43回生

宮本 昌典

ウエイトリフティング

44回生

梶原 悠未

自転車競技